入れ歯

入れ歯の噛み心地に不満が…そんな方には「オーバーデンチャー」がオススメ!

歯を失ってしまった場合の治療には『入れ歯』という方法がありますが、入れ歯というのは自然の歯とは異なり、食べ物を噛む力が弱くなってしまうなど、その噛み心地に不満を感じてしまう人は少なくありません。最近では、入れ歯ではなく本物の歯のように噛むことができるインプラント治療も一般的となってきましたが、インプラントは治療費が高額になることや、治療完了までに多大な時間がかかる…というデメリットで、嫌がる人も多いです。

そこで、入れ歯の噛み心地を少しでも改善したいと考えている方にお勧めなのが、「オーバーデンチャー」と呼ばれる治療法です。オーバーデンチャーは、たった1本のインプラントで入れ歯の噛み心地の悪さを劇的に改善することができると言われており、好きなものを自由に食べられるようになることから、全身への健康にも良い影響を与えることができる治療法と言えるのです。
そこで今回は、入れ歯の噛み心地にお悩みの方のため、「オーバーデンチャー」がどのようなものなのかを簡単にご紹介していきます。

オーバーデンチャーとは?

それではオーバーデンチャーがどのような治療法なのかをご紹介していきましょう。オーバーデンチャーは、数本だけ残った歯を加工したり、数本だけインプラントを埋入して、それを支えにすることで入れ歯の安定性を向上させ、固定させる治療方法です。入れ歯を使用している方で、「ずれる・外れる…」「痛くなってきた…」「ガタついて上手くモノが噛めない…」などの悩みを持っている方や、ほとんどの歯を失ってしまった人に適した治療方法です。

一般的な総入れ歯は、歯ぐきだけで入れ歯を支えることになるため、食事の際には入れ歯がズレてしまったり、食べ物が入り込んでしまうなどの問題があります。そのため、食事中に突然襲ってくる痛みや、噛み心地の悪さに不満を感じてしまう人が多いのです。しかし、オーバーデンチャーの場合は、残った歯やインプラントを支えにして歯茎と総入れ歯をしっかりと密着させ固定することができるようになりますので、入れ歯の使い心地が改善され、よく噛めるようになるというメリットがあるのです。

オーバーデンチャーのメリット

オーバーデンチャーのメリットはどのようなことが考えられるのでしょうか?冒頭でご紹介したように、歯を失った時の治療としてはインプラントが一般的になっていますが、多額の費用がかかることや、大掛かりな外科的手術が必要になることで、インプラントによる治療を敬遠する方も少なくないのです。オーバーデンチャーであれば、残った歯を使ったり、最小限のインプラントに抑えることができますので、患者さんの負担が少なくなり、高齢者の方でも安心して治療が受けられます。

  • 入れ歯を支える力が大きくなるため、通常の入れ歯よりも安定感が増し、よく噛めるようになる
  • 取り外し式の為、入れ歯のメンテナンス・修理が容易
  • 最低限の外科処理で治療ができるので、患者さんの負担が少ない
  • 埋入するインプラントが少ないため、治療にかかる費用を抑えられる

オーバーデンチャーのデメリット

オーバーデンチャーもいくつかのデメリットがありますので、デメリット面もご紹介しておきます。

  • よく噛めるようになる一方で、噛む力が強くなるので通常の入れ歯よりも入れ歯が割れやすくなったり、消耗しやすくなる。入れ歯の設計に工夫が必要です
  • インプラント、入れ歯ともにメンテナンスが必要ですので、お手入れの手間が増える
  • 少ないインプラントで入れ歯を支えるため、1本でもインプラントに不具合が出ると、入れ歯が使えなくなる…噛み心地が悪くなる可能性がある
  • 一般的な総入れ歯と異なり、外科的な治療が必要になる

オーバーデンチャーの種類

オーバーデンチャーは、固定する部分の形状の違いから3つの種類が存在しています。以下で、それぞれの手法に関してその特徴をご紹介しておきます。

磁石タイプ

インプラントと入れ歯の固定に磁石を利用するタイプです。このタイプは、土台となるフィクスチャーの先端に磁石を引き寄せる金属を取り付け、入れ歯側に小型磁石を埋め込んで、磁石の力で着脱を可能とする入れ歯になります。入れ歯の固定のために、バネや複雑な仕掛けが必要ないため、非常にシンプルな構造となるのがメリットです。着脱も簡単に行えますので、通常の義歯と比べて、日々のメンテナンスも簡単になります。

バータイプ

バータイプは、埋入されたインプラントをバーで連結し、入れ歯側にはバーを挟み込むための金具を取り付けます。入れ歯側の金具でバーをクリップのように挟むようにして、インプラントと入れ歯の固定を行います。
このタイプは、強固に入れ歯が連結されるというメリットがあるのですが、自分では外しにくい装置になっています。

ボールタイプ

入れ歯と接する土台の先端部分が丸いボール状になったタイプがボールタイプです。このタイプの場合は、入れ歯の内側に特殊な金属を取り付け、ホックでボール部分と連結させて固定します。簡単に入れ歯の着脱が可能になります。

オーバーデンチャーがオススメな方
オーバーデンチャーは、少ない負担で安定性の高い入れ歯を実現する治療方法となります。そのため、入れ歯を使用している方で「入れ歯がガタつく」「しっかりと噛むことができない」「入れ歯の使用中に傷みが出る…」などといった悩みを持つ方には非常にオススメできます。また、インプラントを検討しているけれど、高額な費用がネックで治療ができない…、外科的手術は最小限に抑えたい…などと考えている方にもオーバーデンチャーが適していると言えるでしょう。
オーバーデンチャーは、最小限のインプラントで入れ歯を支えることができるようになるため、患者さんの負担も少なく、高齢者の方の治療としては非常にオススメです。

まとめ

今回は、入れ歯の噛み心地に悩んでいる方のため、入れ歯が持つ多くの悩みを改善することが期待できるオーバーデンチャーについてご紹介してきました。歯を失った場合の治療にも複数の対処法があるのですが、入れ歯は身体的な負担が少なく、インプラントなどよりも費用的に安くなるため、現在でも選ばれることが多い治療となります。しかし、通常の入れ歯は、「入れ歯がガタつく」「しっかりと噛むことができない」「痛みが出る…」など、いくつかの明確な弱点もあるのです。
オーバーデンチャーは、こういった入れ歯に関する問題の多くを改善することができる治療で、コスト的な負担も少ないので歯のない方にとっては非常に有効な治療の選択肢になると言えます。ただし、日々のお手入れに関しては、「取り外し式入れ歯・インプラント・残存歯」を清潔に保たなければいけないため、少し手間が増えると考えておきましょう。

どちらにせよ、患者様お一人お一人の口内状況によって適した治療方法は異なりますので、まずは歯科医院に相談の上、最適な治療法の提案を受けるようにしましょう。

おなだ歯科・矯正歯科
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

RECOMMEND

1

より通いやすく安心感のある歯医者へ。 多治見市、小名田町におなだ歯科医院を開業して早4年が経ちました。 地域の方々にこれまでどれくらい貢献できただろうかと考えない日はありません。 日頃よりおなだ歯科医 ...

-入れ歯
-, ,

© 2021 おなだ歯科・矯正歯科公式ブログ