入れ歯

磁性アタッチメントを用いて義歯を維持安定させる処置方法が普及しています。

歯科治療では、特に高齢者に磁石(磁性アタッチメント)を用いて義歯を維持安定させる処置が普及しています。

当院でも磁性アタッチメントを患者さんと相談しながらすすめさせていただいております。

磁性アタッチメントとは

補綴装置の支台装置の一種になります。

磁石の力を利用して入れ歯を支台歯(支えとなる歯)に連結し、その維持、安定を図る装置のひとつです。

まず、残っている歯根に磁性金属を埋め込みます。

入れ歯の裏側(歯肉側)に小さな磁石を埋め込んで磁力によって固定させる入れ歯(義歯)のことです。

歯根が残っている場合に適用できます。土台となる歯には無理な負荷をかけず、磁力によって強力に密着するため、ぐらついたり、ズレたりすることはありません。また、部分入れ歯だけでなく総入れ歯にも使用できます。

磁性アタッチメントは、磁力を使うため土台となる歯に無理な負担をかけることが少ないのが、特徴です。また、磁石なので入れ歯の取り外しが簡単におこなっていただけます。審美的にも優れています。金具はほとんど見えることはありません。

本体は磁石構造体と、それに対応する金属製の「キーパー」から構成され、磁石構造体を補綴装置側に、キーパーを支台歯(インプラント)側に設置して使用することが一般的です。なお、磁性アタッチメントは根面に設置されることが一般的です。

磁性アタッチメントの利点と欠点

普通の入れ歯は、あごの形や歯の位置の状態によってがたつきやすくなったり、長く使用することによって、バネなどが変形してしまうことがあります。

これに対して磁性アタッチメント

磁性アタッチメントの利点

①強い力で噛むことが可能です。

②キーパーの厚さや磁石とキーパーとの間隔を変えることで、維持力のコントロールが確実かつ簡単にできる。

③長期間の使用においても摩耗や破損がないために壊れにくく長時間の利用ができる。

④審美性(見た目)がよい。

⑤従来の入れ歯と比較して小さい。

⑥入れ歯を取り外す時に歯に余分な力がかかりにくく取り扱いが簡単です。どの方向からも入れ歯を出し入れできます。

などの利点があります。

磁性アタッチメントの欠点

①磁石を入れるためのスペースが義歯に必要であり、義歯床が薄くなると義歯破折の危険がある。

②義歯の下に歯の根があるため、むし歯や歯周病を防ぐための歯ブラシがかけにくい。

③歯科医療保険の適応外の治療で、費用が高くなる。

などがあげられます。

磁性アタッ チメント と MRI

さらに詳しくご説明させていただきます。 (引用:日本磁気歯科学会)

はじめに

MRI 検査は、近年のめざましい 技術進歩によって、装罹の 高磁場化・高出力化による画質の同上や検査時間の短縮が可能となったことから、医科領域において脳ドッグを含め急激に需要が高まっていま  す。それに伴い、体内金属装着者における人体への為害作用が問題視されるようになってきました。

歯科治療では、特に高齢者に磁石(磁性アタッチメント)を用いて義歯を維持安定させる処置が普及しています 。また 、高齢者は、様々な全身疾患を有           して いる 可能性が高く、さらに口 腔領域は MRI 検査頻度が非常に高い脳頭薔と近接して いるため、磁性アタッチメント(  特に口腔内に装着するステンレス製キ ーパー)の MR 装罹に対する安全性につ いて、情報提供が必要です。

現時点での日本磁気歯科学会と しての MRI 撮像に対する安全基準を まとめ、 歯科医療従事者および診療放射線技師を対象にマニュアル化することに致しました。

1.MRI (Magnetic Resonance Imaging,   磁気共嗚断層撮像法)と は

人体の大部分を占める水素原子核 ( pro ton) と磁場を利用して、人体内部の情報を コンピュータで画像にする方法です。

MR  装罹には磁場強度の異  なる装罹があり、現時点では    0.3~ 3.0 T の装置が普及しています 。我が国で現在使用されている機種の 一覧を示します。

2 . 歯科用磁性アタッ チメ ントとは

歯科用磁性アタッチメントは磁石構造体(磁石)とキーパー(磁性ステンレス)からなり、義歯に取り付けられ   る磁石と口腔内の歯根に取り付けられるキーパーとの間の吸引力により義歯 は吸着 し維 持されます(図 1 ) 。

口腔内に設置さ れるキ ーパーは磁性 ステンレ スであり、主 に SUSXM27 、 SUS4 30、SUS447J l 、SUS444 (AUM20) のいずれかで製作さ れています。

重量はおおよ そ30~ 120mgw です。

キーパ ーは磁 石ではありませんので、 義歯を外して撮像を行った場合、磁石の吸着が損なわれる心配はありません。 また、 M R I 検査後にキーパーに磁力が残留する心配もありません 。

しか し、 義歯を装着した まま撮像 を行ったり MR 室内へ入ると、磁石の吸引力が喪失したり 義歯が飛び出したりする危険性がありますので注意してください(図 2 ) 。

3.MR 撮像における注意点

  • MR 装罹の磁場による力学的影響(偏向力)

キーパ ーその ものが外れかかっていたり, キーパ ーが取り付けられている口 腔内の補綴装置(根面板、イ ンプ ラント、  歯冠外アタッ チメント など(図 3 ) )  が緩んでいたりすると、 MR 装置の磁場により、口腔内でキーパーが脱離して口 腔粘膜を損傷したり、 誤喋、誤飲を引き起したり する恐 れがあります。口腔内のキーパ ーや、周囲の歯科用装置が緩んでいな いか 確認して くださ い。まれに、MR 装置から受ける磁力により、患者がキーパ 一周囲の違和感や疼痛を訴え  る事があります。 わずかでも異常を訴えた場合には、検査を中止し、歯科医院に連絡するように患者に指示してください。

おなだ歯科・矯正歯科
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

RECOMMEND

1

より通いやすく安心感のある歯医者へ。 多治見市、小名田町におなだ歯科医院を開業して早4年が経ちました。 地域の方々にこれまでどれくらい貢献できただろうかと考えない日はありません。 日頃よりおなだ歯科医 ...

-入れ歯

© 2021 おなだ歯科・矯正歯科公式ブログ