Amy

おなだ歯科・矯正歯科で歯科助手として患者さんがいつも笑顔でいていただけるよう、気配り、目配りで頑張っております。

2021/4/6

印象は口元で決まる!笑顔に自信が持てる入れ歯をご紹介します。

見た目はとても重要 『人は見た目が9割』 どこかでこの言葉を耳にしたことがあるかもしれませんが、2005年に発売されて、100万部以上の大ベストセラーとなった本のタイトルです。 この言葉は、アメリカのアルバート・メラビアンという心理学者が提唱した「メラビアンの法則」からきていると言われています。 簡単に言うと、人が誰かに会ったときには、視覚情報(顔立ち、髪型、服装など)、聴覚情報(声、話し方など)、言語情報(話している内容など)の3つの要素でその人の印象を決める。その3つの要素の割合を研究して提唱した理論 ...

2020/6/8

磁性アタッチメントを用いて義歯を維持安定させる処置方法が普及しています。

歯科治療では、特に高齢者に磁石(磁性アタッチメント)を用いて義歯を維持安定させる処置が普及しています。 当院でも磁性アタッチメントを患者さんと相談しながらすすめさせていただいております。 磁性アタッチメントとは 補綴装置の支台装置の一種になります。 磁石の力を利用して入れ歯を支台歯(支えとなる歯)に連結し、その維持、安定を図る装置のひとつです。 まず、残っている歯根に磁性金属を埋め込みます。 入れ歯の裏側(歯肉側)に小さな磁石を埋め込んで磁力によって固定させる入れ歯(義歯)のことです。 歯根が残っている場 ...

2020/4/22

入れ歯の噛み心地に不満が…そんな方には「オーバーデンチャー」がオススメ!

歯を失ってしまった場合の治療には『入れ歯』という方法がありますが、入れ歯というのは自然の歯とは異なり、食べ物を噛む力が弱くなってしまうなど、その噛み心地に不満を感じてしまう人は少なくありません。最近では、入れ歯ではなく本物の歯のように噛むことができるインプラント治療も一般的となってきましたが、インプラントは治療費が高額になることや、治療完了までに多大な時間がかかる…というデメリットで、嫌がる人も多いです。 そこで、入れ歯の噛み心地を少しでも改善したいと考えている方にお勧めなのが、「オーバーデンチャー」と呼 ...

2020/3/18

奥歯を失った人の治療について。体に負担をかけたくないという方にはインプラントより入れ歯がオススメ

今回は、何らかの原因で奥歯を失ってしまった方の治療方法についてご紹介していきたいと思います。 皆さんは「歯を失ってしまった場合の治療方法」と聞くと、どのようなものをイメージするでしょうか?一度失ってしまった永久歯に関しては、二度と生えてくることがありませんので、人工的に作った義歯を治療として入れることになります。しかし、歯を失ってしまった場合の治療方法には、いくつかの種類が存在しており、「入れ歯」や「ブリッジ」「インプラント」などの選択肢の中から最適な治療方法を選ばなければいけないのです。最近では、歯を失 ...

2020/1/23

奥歯を失ったときの治療について。両側性遊離端欠損の場合

失った歯はもとに戻りません。 歯を失う原因として「むし歯」と「歯周病」が二大要因です。 皆さんは、日本人が歯を失う原因の第一位はご存知ですか? それは「歯周病」です。 一般的に歯は奥歯から失われる傾向があります。 若いうちはむし歯で歯を失う場合が多いのですが、残った歯が少なくなるにつれて歯周病で失われる歯が多くなります。 歯周病がかなり進行すると歯肉や歯槽骨(歯を支える骨)などの歯周組織が破壊されはじめ、最終的に歯が抜け落ちてしまう、とてもおそろしい病気です。 歯は全体のバランスから成り立っています。 た ...

2019/12/28

入れ歯の寿命はどのくらい?入れ歯は一生モノ??

入れ歯の寿命はどのくらい?一度つくれば一生使えるのでしょうか。 歯を何らかの理由で失った場合、入れ歯やブリッジ、インプラント等の方法で失った歯を補います。 今回は入れ歯の寿命についてご説明いたします。 一概に寿命は言えませんが、アクリル樹脂の入れ歯ならば3年~5年、金属製の入れ歯なら5年以上は使えるようです。 入れ歯にも寿命があり、一度作ったら一生使える訳ではありません。入れ歯を作ったら一生もつと思っている方もおられますが、そのようなことはありません。 入れ歯を長期間使っていると、入れ歯がすり減って、噛み ...

2020/1/15

金属床義歯(入れ歯)をご存知ですか?

入れ歯の分類 入れ歯は、虫歯や歯周病や事故などが原因で歯が失われてしまったとき、失った歯の代わりとして使用する脱着可能な義歯です。 入れ歯は、治療を受けられる方の歯や口腔内の状態やご予算に合わせて、最適なものを医師と相談して作ります。 入れ歯は大きく3種類に分けられます。 総入れ歯 すべての歯を失っている状態のときは総入れ歯が必要になります。 部分入れ歯 失った歯の隙間を埋めるための入れ歯です。部分入れ歯はいつでも簡単に取り外しできます。 部分入れ歯には「金属フレーム製」「アクリル樹脂製」があります。 仮 ...

2019/11/26

『すれ違い咬合』とは?放置すると非常に恐ろしい結果が待っているのです…

皆さんは、『すれ違い咬合』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?一般の人からすれば、ほとんど耳にしたことが無い言葉でしょうが、口内の問題の中でも非常に深刻なものに分類されるものです。 日本国内では、歯医者さんに足を運ぶ場合、既に虫歯などの問題を患っていて「歯が痛くなったから…」「口臭が酷くなってきたから…」「歯ぐきがムズムズするから…」など、ある程度、症状が進行しなければ歯医者にもいかない…なんて人も多いぐらいです。実は諸外国では『予防歯科』という考え方の方が一般的になっており、歯科医院などで定期検診を ...

2019/9/19

入れ歯について

入れ歯について 入れ歯を入れて噛み合わせがうまくいっている入れ歯(義歯)は快適です。 しかし、「痛い」「よく噛めない」「合っていない」「すぐ外れる」「うまく発音できない」など調子が悪い場合は入れ歯が合っていません。 合わない入れ歯を使い続けると、ストレスをを感じるだけではなく、口の中で炎症を起こしてしまいます。 入れ歯のお悩みや急な歯の痛みで困られたら、お気軽にご相談ください。 入れ歯のメリット 入れ歯には色々な種類があり、入れ歯のメリットについても個体で異なってきます。 ここでは様々なメリットについてお ...

2020/1/15

「大切な歯を失くしてしまったら」 インプラント 、ブリッジ、入れ歯 どの治療法を選びますか。

大切な歯を失うということは、とてもつらい経験です。 虫歯や歯周病で歯が抜けてしまったり、スポーツなどで、歯を失ってしまうケースも充分にあります。 「歯は食事をするためにある」と多くの人が認識しています。歯は食物を咀嚼(そしゃく)するという大切な働きを持っています。 歯には食べ物を噛む以外にも多くの役割があります。 歯は発音に関与しており、会話を行う上で大切な役割を持っています。歯がないと上手に発音ができなくなります。 また、歯は見た目の印象にも大きく影響します。白くて美しい歯は、会う人に好印象を与えます。 ...

© 2021 おなだ歯科・矯正歯科公式ブログ