入れ歯

金属床義歯(入れ歯)をご存知ですか?

入れ歯の分類

入れ歯は、虫歯や歯周病や事故などが原因で歯が失われてしまったとき、失った歯の代わりとして使用する脱着可能な義歯です。
入れ歯は、治療を受けられる方の歯や口腔内の状態やご予算に合わせて、最適なものを医師と相談して作ります。

入れ歯は大きく3種類に分けられます。

  • 総入れ歯

すべての歯を失っている状態のときは総入れ歯が必要になります。

  • 部分入れ歯

失った歯の隙間を埋めるための入れ歯です。部分入れ歯はいつでも簡単に取り外しできます。

部分入れ歯には「金属フレーム製」「アクリル樹脂製」があります。

  • 仮の入れ歯

抜歯後すぐに使用いただけるように入れ、新しく作る入れ歯の参考にするために使います。

仮の入れ歯は新しい入れ歯が出来上がるまでの間だけ利用いただくものです。

入れ歯はどのように作られる?

入れ歯の土台部分は、歯グキの色をしたプラスチック(ポリメタクリル酸メチルというアクリル樹脂)に色をつけ、人工的な歯との組み合わせでつくります。

 

入れ歯の種類

金属床の入れ歯(義歯)

金属床(きんぞくしょう)義歯とは、

一般的な保険適用範囲内の義歯床は主にプラスチックを主材料としています。そのため強度を確保するためには床の厚みが必要です。

厚みがあるため、装着時に違和感を感じることがあります。

このプラスティックの部分を金属(チタン、金合金、プラチナ、コバルトクロムなどの合金)で作る入れ歯を金属床義歯といいます。

特徴としてプラスティックよりも薄くすることができ、個人差はありますが 話しやすかったり、装着の違和感が少なくなることもあります。

また、食べ物や飲み物の温冷が伝わりやすくなり、お食事を楽しめることができます。

素材として、プラスティックに比べて耐久性にも優れていて、汚れもつきにくくとても清潔に保てます。

しかし保険が使えないため、非常に高価になり、保険診療で作る入れ歯ではどうしても満足できないという場合に、歯科医とよく相談して決めて下さい。

金属(コバルトクロム)の場合、厚みはおよそ0.4mm

床がレジン(プラスティック)の場合 厚みはおよそ1.5mmとなります

金属床の入れ歯の利点

  • 床が薄く入れ歯を入れている違和感が少ない
  • とても丈夫で耐久性に優れている
  • 保険の樹脂床の入れ歯よりも、薄く軽く作ることが出来る
  • 金属なので、樹脂よりも熱伝導性に優れており、食べ物の温かさや冷たさを感じることができ、より美味しく食べ物の味覚を楽しる
  • 樹脂製に比べ 臭いや汚れが付きにくく 清潔
  • 入れ歯の場合、樹脂よりも金属の方が細かく調整ができるため、保険のものよりもぴったりと合った入れ歯が作れる

金属床の入れ歯の欠点

  • 金属という性質上、破損した場合は補修が困難
  • 金属のため、調整や修理に時間がかかることがある
  • 使用する金属によっては金属アレルギーを引き起こすことがある (※)
  • 自費であるため(保険が適用されない) 価格が高い

※金属床義歯に用いる材質は主に生体親和性のある体にやさしくなじみやすい金属を使っています。

 

金属床義歯の種類

金床義歯

金は腐食に強く、変色が起こることはありません。身体にもやさしい金属です。比較的柔らかい金属ですので精密加工がし易いというメリットもあります。

また、熱伝導にすぐれ、暖かい、冷たいを感じて流ことができ、食事も美味しくいただけます。非常に薄く作ることができるため、口の中での違和感はほとんどありません。

 

コバルトクロム床義歯

金属床入れ歯として最も長く使われてきた素材です。コバルトとクロムの合金で、金よりも安価です。ニッケルやベリリウムなどを含有していないので、生体親和性に優れています。

熱伝導にもすぐれています。

 

チタン床義歯

チタンは腐敗せず、軽く、丈夫で汚れにくい。人体に優しく、生体親和性に優れています。そのため、金属アレルギーの心配がほとんどありません。

メモ

とても軽いため、上あごの入れ歯にむいています。

イオンコーティング加工により、プラークの付着しにくい状態を作り、色も上品な仕上がりにすることも可能です。

 

まとめ

金属床(きんぞくしょう)義歯はとても薄く作ることができます。口の中で義歯がピッタリと装着され、よく噛める入れ歯です。

プラスティックの入れ歯は強度を確保するためにどうしても大きさや厚みが必要になります。この厚みのせいで、料理などの温度を感じにくくなり、おいしい食事ができないことがあります。

金属床は床の部分が薄く食べる物の温度も伝わりやすく、食事が美味しく感じられます。

入れ歯がうまくあっていなくて、気持ちが悪い。入れ歯が割れたという経験がある方は、お気軽にご相談ください。

おなだ歯科・矯正歯科

〒507-0004  岐阜県多治見市小名田町1-42-1

ご相談・ご予約はお電話で 0572-24-3988

 

おなだ歯科・矯正歯科
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

RECOMMEND

1

より通いやすく安心感のある歯医者へ。 多治見市、小名田町におなだ歯科医院を開業して早4年が経ちました。 地域の方々にこれまでどれくらい貢献できただろうかと考えない日はありません。 日頃よりおなだ歯科医 ...

-入れ歯

© 2021 おなだ歯科・矯正歯科公式ブログ