入れ歯

入れ歯がすぐに壊れる意外な原因!修理や治療に悩まない最善の方法とは?

入れ歯を作ってもすぐに壊れたり割れたりしてしまう。

そんなお悩みをお持ちの方へ。

今回は、入れ歯がすぐに壊れてしまう原因をお伝えします。

自分では自覚しにくく、ほとんどの患者様が気づかれていない意外な内容で驚かれるかもしれません。

しかし、原因を理解することで無駄な修理費や、

治療に費やす時間を最小限にすることができます。

ぜひ、最後までお読みいただき、これからは快適な入れ歯生活を一緒に送っていきましょう!

見出し入れ歯がすぐに壊れる原因とは?

自分の歯が無くなってしまっただけでも大変な状況なのに、

せっかく作った入れ歯がすぐに壊れてしまうのは非常にショックですし、

精神的にもかなりのストレスがかかります。

いち早く治療方をご紹介したいのですが、

入れ歯が壊れてしまう原因がどれか分からないと、

あなたに適した修理方法をご紹介することができません。

 

入れ歯が壊れてしまう原因は主に3つあるので、あなたがどれに当てはまるか確認してみてください。

 

入れ歯が壊れてしまう主な原因3つ

 

  1. 入れ歯を落としてしまう
  2. 入れ歯が合っていない
  3. 噛む力と入れ歯が合っていない

では、それぞれどのような対応をすればいいのか紹介していきますね。

入れ歯を落としてしまい壊れてしまう場合

入れ歯を落として壊れてしまうことに関しては、

脱着時やお手入れをしていただくときに洗面台に落としてしまうことが多いです。

入れ歯を外したり装着するときは、注意をするようにしてみてください。

また、お手入れするときは、水を張る・低い位置でお手入れをする。

ちょっとした工夫で防ぐことができますので試してみてください。

入れ歯が合っていないため壊れてしまう場合

また、入れ歯が合っていない場合もすぐに壊れてしまう原因に。

入れ歯が合わない状態で噛んでしまうとパキッと入れ歯が壊れてしまうことがあります。

そもそも作った入れ歯が合っていないか、

長い期間使用したため歯ぐきと入れ歯の間の隙間が大きくなってしまったことが原因となります。

そのため「入れ歯がゆるい」「噛むと痛い」と思ったら、

早急な修理が必要です。かかりつけの歯科医に相談することをおすすめします。

 

入れ歯が壊れてしまった場合の対処法や修理費など詳しい内容は、

入れ歯が割れる原因とは?割れたときの修理費用や応急処置の方法3つを紹介という記事で紹介していますので、

参考にしてみてください。

噛む力と入れ歯が合わずに壊れてしまう場合

問題なのが3つ目の「噛む力と入れ歯が合わない」ことが原因の場合です。

入れ歯自体は合っているので、入れ歯のゆるみや痛みはありません。

しかし、あなた自身の「噛む力」と入れ歯が合っていないと、

何度入れ歯を作ってもすぐに壊れてしまうのです。

特に「噛む力」が強い40代~60代

の男性から、入れ歯がすぐに壊れてしまうとご相談を受けることが多い内容でもあります。

 

さて、入れ歯がすぐに壊れてしまうのは非常にストレスですが、

逆に考えると入れ歯がすぐに壊れてしまうほど「噛む力」が強いということになりますよね。

「噛む力」は目に見えないので分かりにくいですが、

生活していく上で非常に重要な力なので、

少し「噛む力」についても触れさせていただきたいと思います。

 

噛む力が強いメリット5つ

先ほども触れたように、入れ歯がすぐに壊れてしまうのは「噛む力」が強いことが原因の場合が多いです。

入れ歯が壊れてしまうと、

入れ歯ばかりに気を取られてしまうので意外なところに原因があることがお分かりいただけたかと思います。

 

「噛む力」が強いとなんとなくいいことなのかな?と分かりますが、

そもそも具体的にはどんなメリットがあるのかについて紹介していきます。

 

胃腸への負担が減少する

噛む力が強いと、食べ物を細かく噛み砕くことができます。

小さく噛み砕いた食べ物は消化しやすく、

胃腸の負担を減らすことができるのです。

また、よく噛むことで食べ過ぎも防ぐことができるので

、肥満防止にも繋がります。

 

唾液の分泌で虫歯や口臭の予防に

 

よく噛むことで唾液の分泌が増えます

唾液の分泌が増えると、口の中の汚れを唾液が流してくれるので、

虫歯や歯周病の予防はもちろん、口臭も予防。

さらに、唾液は口の中に入ってくるウイルスや菌の侵入を防ぐ働きもあります。

 

脳を刺激し活性化してくれる

食べることは五感を使い、

その時に噛むという作業が入ることで、

筋肉を使うだけでなく脳に様々な情報が送られます。

脳では五感を感じる感覚と運動の2つの情報が飛び交い、

認知力や記憶力が向上すると言われています。

ストレスを解消してくれる

よく噛み、ゆっくりと美味しく楽しく食事をすると、

脳から精神を安定する働きをする伝達物質のセロトニンが分泌されます。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれ、

分泌量が増えることでストレス解消に繋がります。

 

運動能力を維持できる

重い物を持つときは、奥歯を噛みしめる力が強いほど瞬発的に踏ん張る力を発揮することができます。

また、正しく姿勢を保とうとする筋肉は、

強く噛むことでよりブレにくくなり、

バランス能力の強化に繋がり、

噛む力が強いことは運動能力を維持することができます。

 

噛む力が強いということは、紹介してきたように様々なメリットがありました。

入れ歯が割れてしまい使わなくなってしまうと、

噛む力はどんどん弱くなってしまうのです。

歯が無い状態でいるより、

入れ歯を入れて生活することで、

噛む力の維持につながります。

 

噛む力が原因で入れ歯が割れてしまう場合は、

非常にデリケートで繊細な問題です。

歯科医と一言で言っても、やはり人間なので得意不得意があります。

入れ歯が合っているのにすぐに壊れてしまう場合は、

入れ歯を得意としている歯科医に相談するのがおすすめです。

 

入れ歯の修理や治療に悩まない最善の方法をご紹介!

入れ歯が割れてしまい悩んでいる場合は、

入れ歯が得意な歯医者を見つけ、

自分に合った入れ歯を作ってもらうのが最善の方法になります。

今、通っている歯医者で、入れ歯の修理や治療の回数があまりにも多い場合は、

セカンドオピニオンも視野に入れて歯医者を探すのがいいでしょう。

 

また、噛む力が強い場合は、

入れ歯の素材を変えてしまうという方法もあります。

入れ歯が何度も割れてしまうと、修理や治療をするために歯医者に通わなければならず、

時間も手間もかかってしまいます。

何度も入れ歯が壊れてしまうことで、

私生活にも影響を及ぼすため、

ストレスを感じることも多くなるのです。

 

そこで、噛む力た強い方へおすすめしたい入れ歯が、

アクリルレジンと呼ばれるプラスチックの一部が金属製になった入れ歯です。

金属の入れ歯は噛む力が強い場合でも割れにくく、

違和感をあまり感じず装着できるのが特徴です。

 

では、金属の入れ歯とその他の入れ歯ではどのような違いがあるのがを具体的に見ていきましょう。

 

アクリルレジン(プラスチック)の入れ歯との比較

 

保険が適用でき一番安価で入れられる入れ歯は、

アクリルレジンというピンク色のプラスチックで出来ているものが一般的です。

修理のしやすさや、手直しも簡単にできるメリットがあります。

 

ただ、金属の入れ歯と比較すると割れやすいというデメリットがあり、

強度を保つため厚さが必要になるので違和感が出る場合が多く、

言葉も発音もしにくくなります。

シリコンの入れ歯との比較

 

下顎が総入れ歯など一定の条件を満たした場合は、

保険が適用できるシリコン製の入れ歯も入れることができます。

アクリルレジンの入れ歯の裏側の部分をシリコンに変えたもので、

入れ歯が合わない時におすすめの入れ歯です。

 

噛んだときの痛みを軽減できる入れ歯ではありますが、

アクリルレジンの一部をシリコンにしてしまうため強度は弱まってしまいます。

そのため、噛む力が強い場合は、

シリコン製の入れ歯はあまりおすすめではありません。

 

金属の入れ歯「金属床義歯(きんぞくしょうぎし)」がおすすめ!

 

保険の適用外となってしまうデメリットがありますが、

金属床義歯は耐久性に非常に優れた入れ歯なので、

噛む力が強い場合はおすすめの入れ歯です。

また、金属製のためより細かい調節ができるため、

お口にぴったりと合った入れ歯を作ることができるのが特徴です。

 

さらに、食べ物の温かさや冷たさが、

金属製のためアクリルレジンのものよりダイレクトに伝わります。

食べ物の温度が伝わりやすいことは、美味しさを感じるのに大切な要素です。

また、入れ歯を入れると味がしないと悩まれる患者さんもいらっしゃいますが、

アクリルレジンよりも金属床義歯のほうが、

味覚を感知しやすくなっており大きな支障がでないというメリットもあります。

 

その他、噛む力が入れやすかったり、

発音がしやすかったりというメリットもあります。

何度も入れ歯が割れてしまう場合は、

金属床義歯の入れ歯に変えるという方法を選択肢に入れてみると、

意外とあっさり悩みが解決されるかもしれません。

 

また、残っている歯の本数や歯ぐきの状態によっては、

歯を加工して被せものをするコーヌスクローネという入れ歯や、

残っている歯がグラグラしている場合におすすめのOPアンカー入れ歯などもありますので、

歯科医に相談して入れ歯の種類を決めるといいでしょう。

まとめ

今回は、入れ歯がすぐに壊れる原因と、

修理や治療に悩まない最善の方法を紹介していきました。

入れ歯がすぐに壊れる原因は下記のような理由が上げられます。

 

  1. 入れ歯を落としてしまう
  2. 入れ歯が合っていない
  3. 噛む力と入れ歯が合っていない

 

中でも、入れ歯が合っているにも関わらず壊れてしまう場合は、

噛む力と入れ歯が合っていない可能性が高いです。

噛む力が強いことは、健康面や精神面の両面のメリットがありますので、

ぴったりと自分に合った入れ歯を入れて維持していきたいですよね。

 

入れ歯が何度も壊れてしまう場合は、

入れ歯を得意とする歯医者を探すという、

セカンドオピニオンを考慮して入れ歯を作るのが最善の方法です。

歯を失ったときの治療でも、

入れ歯が得意な歯科医もいれば、インプラントが得意な歯科医など、

歯科医と言っても様々です。そして、最も重要なのが経験です。

いくら知識だけを持っていても、自分が得意であっても、

経験が少なければ患者に合った適切な治療法は提案できません。

 

噛む力が強い方は壊れにくい金属の入れ歯がおすすめになりますが、

これも経験があればこそ、あなたにぴったりと合った入れ歯を作ることができるのです。

ぜひ、入れ歯に強い歯科医を見つけ、

快適な入れ歯生活を送っていただけることを願っております。

おなだ歯科・矯正歯科
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

鶴田 真也

美容院に行く感覚で気軽にクリーニングへお越しください。 歯を失う原因の第一位は「歯周病」です。 歯周病は痛みや自覚症状のないまま、どんどん進行していくために「サイレントティズィース」(沈黙の病気)と呼ばれています。 毎日の歯みがき(特に就寝前)や、3〜6ヶ月ごとの定期検診とクリーニング。そしてストレスをためないことが何よりも重要な歯周病予防です。 むし歯になる前に。痛くなる前に。 美容院へいく感覚で、ぜひ気軽にクリーニングへおこしください。

RECOMMEND

1

より通いやすく安心感のある歯医者へ。 多治見市、小名田町におなだ歯科医院を開業して早4年が経ちました。 地域の方々にこれまでどれくらい貢献できただろうかと考えない日はありません。 日頃よりおなだ歯科医 ...

-入れ歯

© 2021 おなだ歯科・矯正歯科公式ブログ