入れ歯

安定感のある入れ歯を実現!バーアタッチメントタイプのオーバーデンチャーとは?

歯を失ってしまった場合の治療について、年々インプラントによる治療の注目度が高くなっています。しかし、インプラント治療は大掛かりな外科的手術が必要になることや、治療に多大なコストがかかる…治療完了までの期間が長い…などといった点をデメリットとして『入れ歯』を選択する方も少なく無いのです。

従来の入れ歯による治療では、自然の歯とは異なり食べ物を噛む力が弱くなってしまう…など、その使い心地に不満を感じる方が多かったのですが、近年では入れ歯の使い心地を劇的に改善できると言われる「オーバーデンチャー」と呼ばれる治療法が存在しています。オーバーデンチャーによる治療は、インプラントとの比較で患者様の負担も大幅に少なくすることが可能です。さらに、入れ歯の噛み心地の悪さを劇的に改善することができますので、歯を失った方でも好きなものを自由に食べられるようになるなど、全身の健康へも良い影響を与えることができる歯科治療となっています

ただし、一口に「オーバーデンチャー」と言っても、固定する部分の形状の違いからいくつかの種類に分類されているのです。そこでこの記事では、オーバーデンチャーの中でも「バーアタッチメントタイプ」にしぼり、そのメリットやデメリットを簡単にご紹介します。

オーバーデンチャーの基礎知識

それではまず、安定した入れ歯を実現する『オーバーデンチャー』について、その基礎知識を簡単にご紹介しておきます。

オーバーデンチャーは、入れ歯の安定性を向上させる治療であり、数本だけ残った天然歯を加工したり、数本のみのインプラントを埋入し、それらを支えとすることで入れ歯の安定・固定性を向上させる手法です。『入れ歯』と聞くと、テレビなどでおもしろおかしく放送されることもあり、会話をしているだけで入れ歯が外れて飛び出してしまう…なんてイメージを持っている方も少なく無いでしょう。実際に、従来の総入れ歯というものは、歯ぐきだけで入れ歯を支えるという仕組みとなっていたため、食事や会話の際に入れ歯がズレてしまう…、食事の最中に入れ歯の隙間に食べ物が入り込み痛みを感じる…などの問題があったのも事実なのです。

そのため、入れ歯を使用している方の中には、「入れ歯がスレる・外れる…」「食事中に痛みを感じる…」「ガタついて上手くモノが噛めない…」などの悩みを持っている方は珍しくないのです。オーバーデンチャーによる治療は、こういった方に非常に適した治療と言われており、全ての歯を失ってしまった方でも、数本のインプラントで入れ歯をしっかりと歯茎に密着させ、固定することができるようになるのです。つまり、単純なインプラントと比較すれば、患者様の負担も少なく、低コストで治療が可能となり、使い心地の良い入れ歯を手に入れられるというメリットがあるのです。

関連記事:入れ歯の噛み心地に不満が…そんな方には「オーバーデンチャー」がオススメ!

バーアタッチメントタイプとは?

それでは、オーバーデンチャーの中でも『バーアタッチメントタイプ(バータイプ)』などと呼ばれる治療方法がどういったものなのかをご紹介しましょう。

バータイプのオーバーデンチャーは、残存している歯の根っこに金属の土台を取り付け、それらを金属のバーで連結します。そして、そのバーを挟むことができるクリップのようなものを取り付けた入れ歯を装着するというものです。バータイプのオーバーデンチャーは、強固に入れ歯を連結することができ、その維持力も高いため、食事中や会話中に入れ歯がズレてしまったり、外れたりすることが無く、非常に安定した使い心地の良い入れ歯を手に入れることができます。また、一般的な入れ歯のように、クラスプ(留め具)がありませんので、間近で会話している人にも入れ歯をつけているように見えないという審美性の高さも非常に大きなメリットと言われています。

バータイプのオーバーデンチャーは、上述のように残存している歯の根っこに金属のバーを取り付けるという手法が一般的です。ただし、全ての歯を失ってしまった方であっても、数本のインプラントを埋入することで安定した入れ歯を手に入れることが可能です。全ての歯を失ってしまった人の場合、まずはインプラント治療により金属バーを取り付けるための人工歯根を埋入することで、入れ歯を装着することができます。この方法であれば、少ないインプラントで安定した入れ歯を実現できますので、負担も少なく低コストで治療が可能です。

バーアタッチメントタイプのメリット

オーバーデンチャーは、少ない負担で安定性の高い入れ歯を実現する治療方法として非常にオススメです。その中でもバーアタッチメントタイプのメリットは以下のような点が指摘されています。

  • クラスプ(針金)を使用しない入れ歯となるため、見た目が良い
  • 使用中も入れ歯のガタつきがなく、違和感も少ない
  • 従来の入れ歯よりも安定感があり、噛み心地が良くなる
  • 天然歯をできるだけ残すことができる
  • 全ての歯を失った方でも少ないインプラントで治療ができるため、負担が少ない

バーアタッチメントタイプのデメリット

バーアタッチメントタイプにも、いくつかのデメリットが指摘されていますのでそちらもご紹介しておきましょう。

  • 歯根が残っていない方はインプラント治療が必要
  • 金属のバーで歯を連結するため、残存歯の状態や部位によっては適用することができない
  • 保険が適用されないため、治療費が高額になる

まとめ

今回は、安定した入れ歯を実現できるオーバーデンチャーについて、バーアタッチメントタイプの基礎知識やそのメリット・デメリットについてご紹介してきました。歯を失った場合の治療法として有名な『入れ歯』ですが、従来の入れ歯治療は、「入れ歯がガタつく」「しっかりと噛むことができない」「痛みが出る…」など、いくつかの明確な弱点が存在していました。したがって、近年ではインプラントによる治療が注目されるようになっているのです。しかし、インプラントは外科的手術が必要になることもあり、患者様の負担が大きい…ことや治療のために多大なコストと時間がかかるという点が大きな欠点となっています。

オーバーデンチャーは、少ない負担で安定性の高い入れ歯を実現することができますので、インプラントの高額な費用がネックで治療をためらっている方や、外科的手術は最小限に抑えたいと考えている方には、非常にオススメです。この記事でご紹介したように、従来の入れ歯治療に存在した多くの欠点が解消された治療方法となりますので、現在の入れ歯に不満がある方や、インプラントに不安を感じている方は、オーバーデンチャーによる治療をご検討してみてはいかがでしょうか。

おなだ歯科・矯正歯科
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

鶴田 真也

美容院に行く感覚で気軽にクリーニングへお越しください。 歯を失う原因の第一位は「歯周病」です。 歯周病は痛みや自覚症状のないまま、どんどん進行していくために「サイレントティズィース」(沈黙の病気)と呼ばれています。 毎日の歯みがき(特に就寝前)や、3〜6ヶ月ごとの定期検診とクリーニング。そしてストレスをためないことが何よりも重要な歯周病予防です。 むし歯になる前に。痛くなる前に。 美容院へいく感覚で、ぜひ気軽にクリーニングへおこしください。

RECOMMEND

1

より通いやすく安心感のある歯医者へ。 多治見市、小名田町におなだ歯科医院を開業して早4年が経ちました。 地域の方々にこれまでどれくらい貢献できただろうかと考えない日はありません。 日頃よりおなだ歯科医 ...

-入れ歯
-, , , ,

© 2021 おなだ歯科・矯正歯科公式ブログ