入れ歯

入れ歯の安定をはかるには?OPアンカーアタッチメントを使用するメリット

誰もが「いつまでも自分の健康な歯で食事がしたい!」と考えるものですが、自分では丁寧に口内のケアをしているつもりでも、いつの間にか歯がボロボロになってしまっていた…なんてことは珍しくありません。

もともと、何らかの理由で歯を失ってしまった場合には、入れ歯による治療が主流だったのですが、近年ではさまざまな技術が発展したこともあり、患者様はいろいろな治療方法を選択することができる時代になっています。例えば、インプラント治療などであれば、自分の歯と同じような感覚で物が噛めるようになり、治療後も自然な見た目を保つことができるなどと言った理由で、とても人気の高い治療方法になっています。入れ歯は、比較的短期間で安価に治療ができるというメリットがあるのですが、会話や食事の際などに外れてしまうことも珍しくなく、安定感の無さに頭を悩ませてしまう…といった方も少なく無いのです。

そこで近年では、入れ歯とインプラントの良いとこどりをしたような治療方法である『オーバーデンチャー』の注目度が高くなっています。治療方法が変われば、得られるメリットや注意しなければならないデメリットが変わってきますので、この記事では、歯を失った場合の代表的な治療方法や、安定感のある入れ歯を実現する治療法をご紹介します。

歯を失った場合の一般的な治療法

まずは、歯を失ってしまった場合の一般的な治療方法と、それぞれのメリット・デメリットを簡単にご紹介しておきます。

治療法 メリット デメリット
入れ歯 ・治療が比較的簡単
・インプラントより安価
・治療期間が短い
・自分で手入れが可能
・入れ歯だとわかりやすい
・違和感が大きい
・硬いものが噛みにくい
・外れてしまうことがある
・欠損部の顎骨退縮リスクがある
ブリッジ ・固定式なので、違和感が少ない
・セラミックブリッジなら、自然な見た目になる
・治療期間が短い
・健康な歯を削る必要がある
・支える歯の負担が大きい
・連鎖的欠損のリスクがある
・欠損部の顎骨退縮リスクがある
インプラント ・天然歯と同じ感覚で噛める
・自然で綺麗な見た目になる
・残った歯への負担が少ない
・顎骨の退縮リスクが少ない
・外科的手術が必要になる
・治療期間が長い
・治療費が高額

近年では、天然歯の様な自然で綺麗な歯を取り戻すことができると、インプラントの人気が高くなっています。しかし全ての歯を失ってしまった人などであれば、外科的手術が必要なことから、患者様の負担が非常に大きくなってしまい、治療費も高額になるなど、インプラントをしたくても現実的には選択できない…という方も少なく無いのです。

そういった方の治療では、総入れ歯という治療法になるのですが、従来の総入れ歯による治療の場合、安定感があまりありませんので、硬いものを噛むのが難しい…会話や食事の際に外れてしまう…などといった大きな問題が立ちはだかります。そこで注目されているのが『オーバーデンチャー』と呼ばれる治療方法なのです。

安定感のある入れ歯を実現できる『オーバーデンチャー』

『オーバーデンチャー』は、インプラントと入れ歯のメリットを組み合わせた治療法で、インプラントを支えにして入れ歯を固定化することができ、入れ歯でも安定してしっかりと噛むことができるようになるのです。
オーバーデンチャーの場合、埋入するインプラントの本数が少なくなるため、手術による体の負担も少なく、安価に安定した入れ歯を実現することが可能です。オーバーデンチャーにも、いくつかの種類があるのですが、入れ歯部分が簡単に取り外しできるような仕組みとなっているため、常に入れ歯を清潔に保つことができると言う点も大きなメリットとなります。

オーバーデンチャーによる治療は、患者様の負担を大きく軽減できるうえに、入れ歯が外れたり、ずれたりするといった従来のお悩みを解決することができる治療法です。

ボールタイプによるオーバーデンチャーのメリット

上述したように、安定した入れ歯を実現できるオーバーデンチャーにもいくつかの種類が存在しています。この違いは、固定する部分の形状に違いで分けられており、それぞれ以下のような特徴を持っています。

  • 磁石タイプ
    インプラントと入れ歯の固定に磁石を利用するタイプです。
  • バータイプ
    埋入されたインプラントをバーで連結し、入れ歯側にはバーを挟み込むための金具を取り付けます。入れ歯側の金具でバーをクリップのように挟むようにして、インプラントと入れ歯の固定を行うタイプです。
  • ボールタイプ
    入れ歯と接する土台の先端部分が丸いボール状になったタイプがボールタイプです。O-Pアンカーアタッチメントを装着します。

磁石タイプとバータイプの特徴については別の記事でまとめていますので、以下の記事もご参照ください。

磁性アタッチメントを用いて義歯を維持安定させる処置方法が普及しています。

バーアタッチメントタイプのオーバーデンチャーとは?

ボールを使用したオーバーデンチャーの特徴

ボールタイプのオーバーデンチャーは、主に下顎に適用される治療法です。入れ歯とインプラントの接合面において、ボールを使って固定する方式ですのでボールタイプと呼ばれるのです。
構造的には、インプラントの入れ歯と接合する部分にボール状になったものを接続させます。そして、そのボールにピッタリと合う金具を入れ歯に埋め込み、ホックで留めるように入れ歯を固定するという形になります。義歯とインプラントはボールによって接合・固定されるため、硬いものでも安定して噛むことができるようになります。
ボールタイプの場合、埋入するインプラントは2本程度で済みますので、バーオーバーデンチャーよりも簡単に治療することができます。ボールタイプによるオーバーデンチャーには以下のようなメリットが存在します。

ボールタイプのメリット

  • 義歯の取り外しが容易なため、メンテナンス性が高い
  • 従来の入れ歯よりも安定性がかなり高い
  • 顎の骨の退化を予防できる
  • バータイプと比較すると埋入するインプラントが少なくて済む
  • 修理が容易

ボールタイプのオーバーデンチャーは上記のようなメリットが存在します。ただし、入れ歯に少し遊びがありますので、口腔内で多少の動きが出る場合もあるので注意が必要です。

まとめ

歯を失った方の治療には、入れ歯やブリッジ、インプラントなど、さまざまな治療方法が存在します。近年では、天然歯のような綺麗な見た目や噛み心地を実現できるインプラントによる治療が年々人気が高くなっていると言われますが、大掛かりな外科的手術が必要なことや治療費が高額になってしまうなど、まだまだ誰でもインプラントを選択できるとは言えないのが実情なのです。

そのような中、インプラントと入れ歯のメリットを組み合わせたオーバーデンチャーによる治療が注目されているのです。オーバーデンチャーにもいくつかの種類が存在しており、どのタイプを選択するのかによって得られるメリットが異なるのですが、どのタイプでも従来の入れ歯にはなかった安定感を得ることができます。したがって、総入れ歯だとしても、何の問題もなく噛むことができるようになりますし、会話や食事の際に外れる心配もありませんので、「しゃべると入れ歯が外れるのでは…」などと言った患者様の心理的不安を取り除くことが可能です。
当医院では、患者様の口内状況やご要望をしっかりとお伺いして、使い心地の良い安定した入れ歯をご提案いたします。

おなだ歯科・矯正歯科
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

鶴田 真也

美容院に行く感覚で気軽にクリーニングへお越しください。 歯を失う原因の第一位は「歯周病」です。 歯周病は痛みや自覚症状のないまま、どんどん進行していくために「サイレントティズィース」(沈黙の病気)と呼ばれています。 毎日の歯みがき(特に就寝前)や、3〜6ヶ月ごとの定期検診とクリーニング。そしてストレスをためないことが何よりも重要な歯周病予防です。 むし歯になる前に。痛くなる前に。 美容院へいく感覚で、ぜひ気軽にクリーニングへおこしください。

RECOMMEND

1

より通いやすく安心感のある歯医者へ。 多治見市、小名田町におなだ歯科医院を開業して早4年が経ちました。 地域の方々にこれまでどれくらい貢献できただろうかと考えない日はありません。 日頃よりおなだ歯科医 ...

-入れ歯
-, , ,

© 2021 おなだ歯科・矯正歯科公式ブログ